Skip to Content

SAP HANAはアプライアンス製品であり、本稼働利用など正規のサポートを受けるためには、

認定された構成でセットアップ済みのものをハードウェアベンダーから購入する必要があります。

SPS 05でVMwareにも対応しましたが同様にアプライアンスとしての提供となっています。

しかし、実際には64bitのSLES(SUSE Linux Enterprise Server)が動きさえすればインストールできます。

最近はAWS上でも利用できるようになりましたし、Mac Miniにインストールする強者などもいるようです。

ここではアプライアンスほど高スペックではない汎用的なサーバー上のVMware vSphere 5.1環境で

6月末に出荷された最新のSAP HANA 1.0 SPS6を構築する手順を参考情報として紹介します。

仮想環境上かつ物理メモリーにも限りがあるのでパフォーマンスやデータ量などの制約は多少でてきますが、

機能評価や操作手順の確認程度であればまったく問題ない検証環境として使えます。

! 評価目的として自己責任で!

はじめに用意するもの

  • ちょっとだけ性能のいいIAサーバーもしくはPC
    • 64bitの仮想化支援機能(Intel VTかAMD-V)搭載CPU
    • 24GB以上の物理メモリー
    • 300GBくらいのディスク空き容量
  • 仮想化ソフトウェア
    • VMware vSphere ESXi 5.1
    • もしくはPC上のVMware Workstation、Windows Virtual PC、Oracle VM VirtualBoxなどでも可能かも?
  • SLES 11 for SAPのインストールメディアのISOイメージ

     1_SLESforSAP_Download.jpg

  • SAP HANA 1.0 SPS 06 Platform Editionのインストールメディア
    • SMPのSWDCからメディア番号51046696をダウンロードしEXEを実行して結合
    • HANAはいくつかのエディション(Platform、Enterprise、Extended…)がありますが、HANA databaseをインストールするだけなのでPlatform Editionで問題ありません。Enterprise、ExtendedにはSAP LT ReplicationやBO Data Services、Sybase replication Serverなどが含まれます

     /wp-content/uploads/2013/07/hanadownload_252816.jpg

仮想マシンの構築/SLES for SAP 11 SP2のインストール

  • 4vCPU/24GBメモリー/ディスクサイズ250GBくらいの仮想マシンを構築します
    • HANA databaseのsetup.shはメモリー4GB以下でしかエラーを返しませんが、実際には最小メモリー24GBみたいです
  • ダウンロードしたSLES for SAP 11 SP2のISOイメージをマウントしOSをインストールします
    • 基本的にはウィザードに従ってインストールするだけです
      • SLES for SAP Applications – Installationを実行
      • HANA databaseに必要なgtk2、libicu、mozilla-xulrunner192、ntp、sudo、syslog-ng、tcsh、libssh2-1、expect、autoyasut2-installation、yast2-ncursesは標準で含まれています
    • 以下の点にだけ注意しましょう
      • LanguageはデフォルトのEnglishのまま
      • Kdumpは無効にする
      • Firewallは無効にする
      • Swapは特にHANA固有の条件はないのでSAP Note 1597355 – Swap-sapce recommendation for Linuxに従います。RAM 32GB未満はRAMの2倍のサイズなので今回は48GBのSwap領域を作成

     SLES for SAP 11 SP2-2012-09-01-00-23-43.png

     SLES for SAP 11 SP2-2012-09-01-00-36-19.png

事前準備/設定

  • VMware Toolsをインストールします
  • ダウンロードしたHANA Platform Editionのインストールメディアをコピー or マウントしておきます
  • 同時にインストールされるHANA Studioを使用する場合はYaST2からJava JRE 1.6をインストールします。以下のコマンドでもインストールできます

    [root@host] # zypper install java-1_6_0-ibm

    SLES for SAP 11 SP2-2012-09-03-22-52-49.jpg

  • ODBCを使用したい場合はunixODBCも追加します。同様にYaST2か、zypper install unixODBCコマンドでインストールします
  • カーネルパラメーター(/etc/sysctl.conf)を2つ追加します。追加後はsysctl -pコマンドを実行して反映
    • net.ipv4.tcp_slow_start_after_idle = 0
    • kernel.shmmni = 4096 *RAM 64GB未満の場合
  • /etc/hosts(以下、例)を修正してインストーラーが名前解決できるようにしておきます

    127.0.0.1 localhost.localdomain localhost

    192.168.10.100 saphana.fjcc-sap.local saphana

  • 以下のディレクトリを作成しておきます
    • /hana/shared *RAMの1倍=>RAM 24GBならディスクサイズ24GB以上
    • /hana/data/<SID> *RAMの3倍の容量=>RAM 24GBならディスクサイズ72GB以上
    • /hana/log/<SID> *RAMの1倍の容量=>RAM 24GBならディスクサイズ24GB以上
    • /usr/sap *ディスクサイズ50GB
    • /usr/sap/<SID>/home *ユーザー<sid>admのホームディレクトリです。LDAPの利用でユーザーを事前に作成する場合、/home/<sid>admをホームディレクトリにしておくとエラーになります
    • /tmp/hanainstdir
  • インストーラーコンフィグレーションファイルを作成します
    • インストールメディアのHANA_IM_LINUX__X86_64/setuphana.slmodel.templateを/tmp配下にsetuphana.slmodelとしてコピーします
    • コピーしたsetuphana.slmodelを修正します。
      • “${DATAPATH}”を “/hana/data”
      • “${LOGPATH}”を “/hana/log”
      • “${INSTANCENUMBER}”を “00” *2桁のインスタンス番号
      • “${SID}”を “HAN” *英数字3文字のSID
      • “timezone” を”Asia/Tokyo” *デフォルトはUTCですが今回はOSのlocaltimeに合わせておきました…
  • アプライアンスハードウェアではないためハードウェアチェックをスルーするように環境変数を設定します

    [root@host] # export IDSPISPOPD=”1″

    (正しく設定されているか以下のコマンドで確認します)

    [root@host] # python

    >>> import os

    >>> ‘IDSPISPOPD’ in os.environ.keys()

    (正しく設定されている場合はTrueが返ってきます)

    True

    >>> {ctrl+D}

インストール

  • SAP HANA unified installerでインストールします

    [root@host] # cd <mnt>/51046696/DATA_UNITS/HANA_IM_LINUX__X86_64

    [root@host] # ./setup.sh /tmp/hanainstdir /tmp/setuphana.slmodel

  • プロンプトでMaster Passwordを聞かれるので入力してEnterを押しインストールを開始します
    • Master Passwordは複雑性が要求されます。少なくとも1つの大文字・少なくとも1つの小文字・少なくとも1つの数字の組合せ8文字以上、記号は$と_と# しか使えないようです
    • The installation of SAP HANA system has finished. と表示されればインストール完了です

      [root@host] # ./setup.sh /tmp/hanainstdir /tmp/setuphana.slmodel
      Installer location /work/51046696_HANA/DATA_UNITS/HANA_IM_LINUX__X86_64
      ==========================================================================
      SAP HANA unified installer
      ==========================================================================

      Enter the master user password. The master password must contain at least one
      lower case character,one upper case character, and one number. It must
      be at least eight characters long.

      Master password:
      Reenter master pasword:

      Updating/installing SAP host agent on host: ‘saphana.fujitsu-netapp.local’…
      Performing validation…
      Creating logs directory “/usr/sap/HAN/setup”…
      Installing HDB server…
      Installing HDB client…
      Installing HDB studio…
      Installing HDB studio repository…
      Installing LM structure…
      Installing HANA lifecycle manager…
      Creating trans directory…
      Updatin secondary installtion value in Lm Structure…
      Registering system in SAP Host Agent…
      Copying logs to /usr/sap/HAN/setup…

      The installation of SAP HANA system has finished.
      Log file is located at: /tmp/hanainstdir/log/setup.glf

  • 以下のコンポーネントがインストールされています
    • SAP Host Agent
    • SAP HANA database
    • SAP HANA client
    • SAP HANA Studio
    • SAP HANA studio repository
    • SAP HANA lifecylce manager(HLM)
  • sapcontrolでプロセスの稼働状況を確認します

    [root@host] # /usr/sap/hostctrl/exe/sapcontrol -nr 00 -function GetProcessList

    28.07.2013 00:58:19
    GetProcessList
    OK
    name, description, dispstatus, textstatus, starttime, elapsedtime, pid
    hdbdaemon, HDB Daemon, GREEN, Running, 2013 07 27 23:59:47, 0:58:32, 13131
    hdbnameserver, HDB Nameserver, GREEN, Running, 2013 07 27 23:59:48, 0:58:31, 13160
    hdbpreprocessor, HDB Preprocessor, GREEN, Running, 2013 07 27 23:59:53, 0:58:26, 13227
    hdbindexserver, HDB Indexserver, GREEN, Running, 2013 07 27 23:59:55, 0:58:24, 13259
    hdbstatisticsserver, HDB Statisticsserver, GREEN, Running, 2013 07 27 23:59:55, 0:58:24, 13260
    hdbxsengine, HDB XSEngine, GREEN, Running, 2013 07 27 23:59:55, 0:58:24, 13261
    sapwebdisp_hdb, SAP WebDispatcher, GREEN, Running, 2013 07 28 00:01:35, 0:56:44, 13525
    hdbcompileserver, HDB Compileserver, GREEN, Running, 2013 07 27 23:59:53, 0:58:26, 13228

  • OS再起動時にHANA DBも自動起動させたい場合はSAPプロファイルパラメーターをAutostart=1に修正します

    [root@host] # vi /usr/sap/<SID>/SYS/profile/<SID>_HDB<inst_nr>_<hostname>

    – Autostart = 0

    + Autostart = 1

あとは通常通りHDB ClinetやHANA Studioから作業してください。

To report this post you need to login first.

Be the first to leave a comment

You must be Logged on to comment or reply to a post.

Leave a Reply