Skip to Content

先日の記事「SAP LVM 2.0 初期設定」ではSAP LVMにログインするところまでを紹介しました。

ここでは、SAP LVMからSAPインスタンスを管理したり、システムコピーの自動化をするために必要な

ランドスケープ構成の設定について、まずはインフラストラクチャ周りの設定を紹介します。

SAP LVM 1.0のときからなのですが日本語訳がちょっと微妙です。

英語だとConfigurationとSettingなので構成と設定が正しい気がしますが、日本語だとどちらも設定です。

右側の「設定」からまずは「エンジン」の設定などを修正しておきます。

要件次第ですが、各SAP管理ユーザーのパスワードを同じにはしないと思いますので「借用証明書の個別許可」や、

リソースを共有するために「同一ホストでの複数インスタンスの許可」などにチェックを入れておきます。

LVM000024.jpeg

続いてインフラストラクチャを構成します。ネットワーク、仮想化マネージャ、ストレージマネージャを定義します。

「インフラストラクチャ」=>「ネットワークコンポーネント」と辿ります。

ここではネットワークセグメント、LDAP、DNS、各システムのインターフェースの割り当てなどを行います。

LVM000041.jpeg

ウィザードに従って項目を入力するだけなのですが、ひとつひとつ説明すると長くなるのでサマリー部分を紹介します。

「ネットワーク」では、使用するネットワークセグメントやDNSゾーンなどを定義します。

逆引きDNSゾーンはHelpの例が間違っているので注意してください。一般的にはXX.XX.in-addr.arpaになります。

ここが正しく設定されていないとシステムクローンの名前解決のフェーズで失敗してエラーになります。

IP範囲更新というのは、システムクローン処理中にIPを一時的に動的に割り当てるのですが、その範囲を指定します。

LVM000046.jpeg

「ユーザ管理」ではLDAPかNISを定義します。

システムクローン時のユーザー管理先システムを登録します。Active Directoryはここでの選択項目には存在しません。

Windows環境の場合はSAPinstがSAP管理ユーザーをドメインに追加してくれるため不要となっています。

以下はLDAPの例です。LDAPサーバーの管理情報を登録しておきます。

LVM000056.jpeg

「ネームサーバ」を定義します。DNS、LDAP、NISを登録できます。

システムクローン時のホスト名管理先を登録します。以下は例としてWindows DNSを登録しています。

DNSサーバーにはSAP Host Agentの導入が必要です。SAP Host Agent経由のOSコマンドでDNSサーバーを制御します。

LVM000064.jpeg

ネットワークコンポーネントの最後では「割当」を定義します。

ここでは対象OSごとに使用するこれまで登録した「ネットワーク」、「ユーザ管理」、「ネームサーバ」を割り当てます。

LVM000098.jpeg

続いて「仮想化マネージャ」を定義します。仮想マシンの管理、VM basedのシステムクローン時の連携先を登録します。

SAP LVM 1.0と異なりAWSとVMware vCloud Directerが追加されています!SCVMMとRHEVはないですね。

LVM000027.jpeg

ここでは例としてVMware vCenter Serverを登録しています。ログイン情報を入力するだけです。

LVM000030.jpeg

この設定が完了すると「作業」=>「仮想化」から仮想マシンを一元管理できるようになります。

仮想マシンの起動、停止やサスペンド、vMotionなんかもここから操作可能です。

LVM000040.jpeg

続いて「ストレージマネージャ」を定義します。Storage basedのシステムクローン時の連携先を登録します。

SAP LVM 1.0と変わっていません。製品名称が変わっているような気もしますが… まだ日立ストレージはないですね。

LVM000032.jpeg

今回は富士通ETERNUS NR1000 F2040を使っているので、NetApp Storage Service Connector 2.1を登録しています。

きちんとSAP LVMから連携が取れ、ストレージの製品情報と空き容量が見えています。クラスタモデルなので2台です。

LVM000036.jpeg

最後に「システムとASのプロビジョニングの設定」を定義します。

システムコピーとダイアロングインスタンスのインストール、アンインストールで使用するSAPメディアを登録します。

システムコピーをするには対象OSごとにSAP System Rename toolが格納されたディレクトリパスを登録しておきます。LVM000105.jpeg

To report this post you need to login first.

Be the first to leave a comment

You must be Logged on to comment or reply to a post.

Leave a Reply