Skip to Content

SAPイベント、ホームページなどでHANAやMobileなどの大きな方向性や全体向けのメッセージはよく目にするものの、お客様やパートナーさんの知りたい内容と一致してない事も多いと思います。例えば、本当に知りたい事は:

-ABAPは今後HANAやMobile上でどういう役割を果たして行くのか?

-ERP以外に、モバイルアプリやクラウドアプリも使うようになってSingle Sign Onやユーザー管理はどうして行ったらいいのか、SAPの考えてる事は? 

-医薬品業界を担当しているが、どういう製品開発ロードマップをSAPで敷いているのか?

-会計コンサルタントとして○○○の領域に興味ある。

といった、もう個別の事情に応じた、少し絞り込まれた領域なのではと思います。

これらの情報を集約したページがこちらの http://service.sap.com/findinnovation  というページになります。散らかりがちな、SAPの製品戦略や新機能の情報が一元的に網羅されているページとして、メモ頂ければ便利と思います。さてどういう情報が網羅されているか見てみます。

①Product Today 

②SAP Roadmap

③Ramp Up

の3つの分類に大きく分かれています。

②のSAP Roadmapからまず見てみます。この情報は恐らく一番多くの方にとって有益な情報と思います。

2013-06-08 10-18-22.png

こちらのボタンを押すと次に出てくるページ(↓)で、産業別(Industry)、業務領域別(LOB)、テクノロジ(Database & Technology)、分析系技術(Analytics)、Cross Topics で、合計120の個別の領域別に、SAPのそれぞれの製品企画担当部門がロードマップの情報を提供しています。恐らくそれぞれの立場で関心をもたれている領域の資料が必ず見つかると思います。 

2013-06-08 10-21-02.png

①のProduct TODAYを次に見ます。ここには現行ERPを中心とした製品のEHPや新機能の情報ソースが網羅されています。

2013-06-08 10-34-36.png

Improvement Finderというのは、ERP, NetWeavreなどのNote、SPとかで機能が追加されているNoteの情報が検索できます。通常ERPではEHPでしか新機能が提供されませんが、各国別の法対応ではEHPのリリースを待てなくてNote SPで提供されるケースもあります。またNetWeaverでは、基盤製品の特徴上、SP, Noteで機能が追加になっているケースもよくあります。

次のSolution Browserというのは、EHPリリース毎の機能差分一覧を見るツールです。私のブログこちらでも紹介しています。 EhP情報ソース3 リリース間の機能差分はどこで見る?

次のCRM, ERP, PLM, SCM, SRM毎のBoxはEHP新機能を見るページです。こちらのブログでも紹介しています。 EhP情報ソース7 EhPの標準テストシナリオ&SMPのEhP情報資料ページ紹介

2013-06-08 10-45-06.png

その他2つのBoxでは、Business Function Prediction(BFP)という、EHPのお客様別の適合機能予測、Recommendatin for SAP Business Suite powered by HANAというSuite on HANAのお客様別適合シナリオ診断 のリンクになります。それぞれ詳しくは下記のブログにてご覧下さい。

EhP情報ソース4 お客様毎の適合EhP機能診断無償サービス BFP

Suite on HANA 診断レポートの日本語版開始と、Suite on HANA重要Note情報

③Ramp Up では、実施中のRamp Up製品情報、今後すぐ予定されているRamp Up情報などです。

2013-06-08 10-50-55.png

下記のページトップにあるリンク先の情報も非常に有用です。

「SAP Release Strategy」は、毎年1回発行される、SAP製品の提供方式、製品コンセプトなどの教科書というか基本のマニュアルで、これを知って運用・お使い頂く事で、大きなメリットを得られるはずです。

「Customer Influence」はJSUGでも時々紹介されていますが、SAPの製品戦略策定にどうお客様の立場、パートナー様の立場から参画するか というプログラムの紹介です。

「Product Availability Matrix」は、通称PAMとも言って、製品リリース毎のサポートOS/DBの他、その製品リリースに関するNoteなど数多くの情報が集約されたページです。詳しくはこちらもブログも参考にして下さい。 PAM2.0(Product Availability Matrix)を使いこなそう 

2013-06-08 10-54-11.png

以上、長い文お付き合い頂きありがとうございました。  

To report this post you need to login first.

Be the first to leave a comment

You must be Logged on to comment or reply to a post.

Leave a Reply