Skip to Content

2013年2月25日付でSAP Landscape Virtualization Management 1.0のSP06がリリースされています。

いくつかのバグ修正やチェック機能の強化、クローンシステムからのクローン作成がサポートされたなど、

これら変更点の詳細が記載されたリリースノートは以下SAP Noteを参照ください。

SAP Note 1785223 – SP 06 for SAP NetWeaver Landsc Virtualization Management 1.0

ダウンロードはSAP Support PortalのSoftware Download CenterのSupport Packages and Patchesから

-> A – Z Index

-> N

  -> SAP NW LANDSC VIRT MGT ENT

    -> SAP NW LANDSC VIRT MGT ENT 1.0

     -> Support Package Stack Download

/wp-content/uploads/2013/02/saplvm_download_190536.jpg

実際にインストールしてみました。SAP LVMはJavaスタックなのでJSPMで最新SPをデプロイするだけです。

以下はSAP LVMのもっとも期待されている機能のひとつプロビジョニングからシステムコピー自動化の画面です。

Webブラウザからウィザードに従って必要項目を入力して実行するだけで簡単にコピーシステムが作成できます。

プロビジョニングにはVM BasedとStorage Basedの2種類がありますが、

今回はNetApp FASを活用したStorage Basedのコピーのため、以下にあるように

ターゲットシステムのSIDに応じたFlexCloneボリュームおよびマウントポイントも自動生成してくれます。

/wp-content/uploads/2013/02/saplvm_000_190537.jpg

監視の活動から実際に行われている処理ステップを確認することができます。

システムコピーで数十分くらいでしょうか。システムクローンだと数分で完了します。

システムコピーではSystem Renameが実行される分だけ処理時間が長くなります。

Storage Basedの場合はデータベースコピーにFlexClone機能を活用するためデータサイズに依存はしません。

/wp-content/uploads/2013/02/saplvm_001_190592.jpg

OSレベルで確認すると、当然ですが、きちんとFlexCloneボリュームがマウントされています。

saperptgt:~ # df -k
Filesystem                                                      1K-blocks     Used Available Use% Mounted on
/dev/sda3                                                        30701580  4733652  24907436  16% /
devtmpfs                                                          2997456      144   2997312   1% /dev
tmpfs                                                            19922944       88  19922856   1% /dev/shm
/dev/sda1                                                          255818    38856    203753  17% /boot
192.168.200.241:/vol/sapmedia                                    99614720 49359872  50254848  50% /work
filer02.fjcc-sap.local:/vol/saporiglog_TGT/sapmnt_SRC            99614720 21958816  77655904  23% /sapmnt/TGT
filer02.fjcc-sap.local:/vol/saporiglog_TGT/saphome_SRC           99614720 21958816  77655904  23% /home/tgtadm
filer02.fjcc-sap.local:/vol/saporiglog_TGT/sapusr_SRC            99614720 21958816  77655904  23% /usr/sap/TGT
filer02.fjcc-sap.local:/vol/saporiglog_TGT/saptrans_SRC          99614720 21958816  77655904  23% /usr/sap/trans
filer02.fjcc-sap.local:/vol/saporiglog_TGT/saplog_SRC/client     99614720 21958816  77655904  23% /oracle/client
filer02.fjcc-sap.local:/vol/saporiglog_TGT/saplog_SRC            99614720 21958816  77655904  23% /oracle
filer01.fjcc-sap.local:/vol/sapdata_TGT/sapdata_SRC/sapdata1    199229440 52014176 147215264  27% /oracle/TGT/sapdata1
filer01.fjcc-sap.local:/vol/sapdata_TGT/sapdata_SRC/sapdata2    199229440 52014176 147215264  27% /oracle/TGT/sapdata2
filer01.fjcc-sap.local:/vol/sapdata_TGT/sapdata_SRC/sapdata3    199229440 52014176 147215264  27% /oracle/TGT/sapdata3
filer01.fjcc-sap.local:/vol/sapdata_TGT/sapdata_SRC/sapdata4    199229440 52014176 147215264  27% /oracle/TGT/sapdata4
filer01.fjcc-sap.local:/vol/sapmirrlog_TGT/mirrlog_SRC/mirrlogA  49807360   849888  48957472   2% /oracle/TGT/mirrlogA
filer01.fjcc-sap.local:/vol/sapmirrlog_TGT/mirrlog_SRC/mirrlogB  49807360   849888  48957472   2% /oracle/TGT/mirrlogB
saperptgt:~ #

また、SAP LVMはSAPアプリケーションを仮想化するAdaptive Enabled環境で実現されるため、

以下のように仮想ホスト名にひもづいた仮想IPが物理デバイスにブリッジする形で自動付与されます。

saperptgt:~ # ifconfig

eth0      Link encap:Ethernet  HWaddr 00:50:56:82:6C:CB

          inet addr:192.168.100.24  Bcast:192.168.100.255  Mask:255.255.255.0

          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1

          RX packets:5736 errors:0 dropped:11 overruns:0 frame:0

          TX packets:3612 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0

          collisions:0 txqueuelen:1000

          RX bytes:730920 (713.7 Kb)  TX bytes:6130827 (5.8 Mb)

eth0:0    Link encap:Ethernet  HWaddr 00:50:56:82:6C:CB
          inet addr:192.168.100.25  Bcast:192.168.100.255  Mask:255.255.255.0
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1

eth0:1    Link encap:Ethernet  HWaddr 00:50:56:82:6C:CB
          inet addr:192.168.100.26  Bcast:192.168.100.255  Mask:255.255.255.0
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1

eth1      Link encap:Ethernet  HWaddr 00:50:56:82:25:D3
          inet addr:192.168.200.24  Bcast:192.168.200.255  Mask:255.255.255.0
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:48107 errors:0 dropped:11 overruns:0 frame:0
          TX packets:51602 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:1000
          RX bytes:93088055 (88.7 Mb)  TX bytes:6093094 (5.8 Mb)

lo        Link encap:Local Loopback
          inet addr:127.0.0.1  Mask:255.0.0.0
          UP LOOPBACK RUNNING  MTU:16436  Metric:1
          RX packets:66 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:66 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:0
          RX bytes:4050 (3.9 Kb)  TX bytes:4050 (3.9 Kb)

saperptgt:~ #

NetApp OnCommand System Managerで確認してもボリュームがきちんと作成されていることが分かります。

/wp-content/uploads/2013/02/saplvm_003_190593.jpg

なお、作成したコピーシステムはシステム破棄を実施することでサービスからボリューム、OSユーザーまで

すべて綺麗に削除してくれます。テストが終わって不要になったシステムを簡単に開放することができます。

/wp-content/uploads/2013/02/saplvm_004_190594.jpg

このシステムコピーの自動化以外にもキャパシティ管理の自動化やマスオペレーション・タスクプランナー機能など

BASIS運用の自動化・効率化を実現するSAP LVMですが、

以下のブログにあるようにこの春4月中旬からSAP LVM 2.0のランプアップが開始されるとのことです。

SAP LVM 2.0では、SCM、CRM、BWのようなERP以外のコンポーネントのシステムコピーに対応したり、

HANAやSybase ASEもサポートデータベースとなるなど、お客様本稼働環境への導入がより現実味を帯びてくると思います。

Upcoming ramp-up of SAP NetWeaver Landscape Virtualization Management 2.0

To report this post you need to login first.

Be the first to leave a comment

You must be Logged on to comment or reply to a post.

Leave a Reply