Skip to Content

従来、導入時1つのDBでランドスケープがシンプルになるという事で、ABAPJavaDual stackSAPとしてサポートしてきました。ただ、成熟したABAPに比べ、まだJava進化過程にあり数年経つとすっかり基盤が陳腐化してしまう、またJavaシステムはビジネス要件上使われ方が非常に多様化するなど、Dual StackではMaintainabilityの課題が指摘されてきました。

 

今後Maintainability向上のため、SAPでは、ERP6.0 EHP6SCM7.0  EHP2CRM7.0 EHP2SRM7.0 EHP2(Innovation 2011シリーズ)を最後のDual Stackサポートシステムとして、2013年より出るERP6.0 EHP7SCM/CRM/SRM7.0  EHP3(Innovation 2013シリーズ)よりSingle Stackのみをサポートします。 今までのDual StackシステムのMaintainabilityをあげるためSingle Stackにするために、Dual Stack Split 2.0というSoftware Logistics Toolsetの中のツールが提供されています。 (2013年テクノロジアップデート その1 参照 リンク )

2013-02-24 21-21-45.png

進化、ビジネス要件の取り込みが急ピッチでありうるJava Stackを分割すると、下記のように、SLAの差異、特別なセキュリティ要件、管理する組織、Performance Scalabilityなど色々な要件ごとにランドスケープの組み方は柔軟性が増します。

2013-02-24 21-26-35.png

それに伴って、SAP Business Suite 7の導入ランドスケープ テクニカルプランガイドという資料が出ておりますのでご参考にして下さい。システムランドスケープの検討要素から、各シナリオ毎のメリット・デメリット・特徴などを解説しています。

http://service.sap.com/~sapidb/011000358700001397742010E

2013-02-24 21-37-26.png

またこちらのWikiにもランドスケープの推奨パターンについて、上記ガイドより、もう一段読みやすい形で解説がありますので、是非参考にして下さい。

https://wiki.wdf.sap.corp/wiki/display/archGov/Deployment+Recommendations

To report this post you need to login first.

Be the first to leave a comment

You must be Logged on to comment or reply to a post.

Leave a Reply