Skip to Content

2012年よりPAMが新しくなり、製品のメンテナンス期間だけでなく、サポートしている膨大な数のOS/DBが条件絞込みで検索出来たり、SPSの情報、Install・Upgradeマニュアルへのリンク、メディア注文へのリンク、関連重要Noteのリンク等、多岐に渡るリンクが集約されており、従来の1.0より使いやすい機能が盛り込まれています。その製品に関する各種基礎情報やNote番号が知りたいと思ったら、是非このPAM2.0を最初に使うのが近道です。

①入り口
Http://service.sap.com/pam/ より別WindowでPAM2.0(下記画像)が立ち上がります

②対象製品の検索の仕方
 右上の検索キーワード欄に「ERP 6.0」とか「EHP6」とか「BOBJ」とか、製品のキーワード検索が一番便利と思います。
 その他に、Analytics、Applications、Database & Technology、Mobileなどからもドリルダウンして行けます。

   前回検索した製品は「Last Viewed」に個人毎に表示されます。

2013-02-09 16-35-13.png

③検索できる情報
「General Information」 → 「Details & Dates」
       リリース日(Release to Customer)、一般出荷日(General Availability)、メインストリーム保守終了日、拡張保守終了日
       Related Linksにて SAP Help、インストールマニュアル、Upgradeマニュアル、重要製品Note のリンク

「General Information」 → 「Related Products and Versions」
       アップグレードパスとなる製品リリース

「General Information」 → 「Support Package & Stacks」
       サポートパッケージ情報とNote

「Technical Release Information]
       対応DB、OS、Web Browser、Java Platformなどの情報 
       従来OS、DBの膨大な組合せに辟易してた方も多いと思いますが、例えばOSでWINDOWS for IA64のチェックボックスをクリックするとその範囲内でのサポートDB情報のみ絞り込まれて出てきます。この絞込み機能が一番のPAM2.0のハイライトでしょう。対応するWeb Browserや言語もここで検索できます。(下記絞込み検索イメージ)

「Software Download」
  ここではその名の通り、Software Downloadコーナーへのリンク、インストール、アップグレードマニュアルへのリンクです。

2013-02-09 17-13-12.png

SAP Maitenance GTM Solution Management  木下史朗 

To report this post you need to login first.

Be the first to leave a comment

You must be Logged on to comment or reply to a post.

Leave a Reply