Skip to Content

HANA on VMwareに関するSAP Noteが11月27日付で公開されています。

ノート 1788665 – SAP HANA running on VMware vSphere VMs

詳細は本SAP Noteと添付PDFファイルFAQ document for announcement of SAP HANA availability to run on VMware

参照頂ければと思いますが、簡単に整理しておきます。

2013/Q1より各アプライアンスベンダーから順次提供されるようです。

サポート条件

  • 11月30日出荷開始予定のSAP HANA 1.0 SPS 05で対応
  • 仮想化基盤はVMware vSphere 5.1
  • 本稼働環境以外の利用のみ可能(開発、検証、サンドボックス、トレーニング用途 etc…)
  • HANAアプライアンス認定ハードウェアが必要
  • アプライアンスベンダーがインストールして出荷
  • 1台の認定サーバー上に複数VMを稼働させることはOK
  • ただし、認定サーバー上にHANA以外のアプリケーション用VMの稼働はNG
  • サイジングモデルはベアメタルと同様のXS:10コア/128GBメモリー、S:20コア/256GBメモリー、M:…
  • シングルノード構成のみ(スケールアップ構成はOKだがスケールアウト構成はNG)
  • 開発・検証はVM、本稼働はベアメタルといった混在ランドスケープはOK

機能面の制約

  • HANA対応アプリケーションとしては従来のベアメタルと仮想化で違いは一切ない
  • 仮想化によるパフォーマンス劣化は事前評価によると10%未満
  • vCPUの上限が64コアまでなのでLモデル:80コア/1TBメモリーは非推奨
  • vSphere FTは1vCPU制限があるため利用不可
  • vSphere HAは共有ストレージが必要なためローカルディスクで構成されたVMは利用不可
  • VMwareのシステムクローニング機能の利用は未サポート
  • ベアメタルの環境から仮想環境への移行(P2V)はアプライアンスベンダーに応相談

ちょっと柔軟性に欠ける気がしますねー。

活用用途としてはLモデルのハードウェアにXSやSのVMを複数並べるとかくらいですかね。

To report this post you need to login first.

Be the first to leave a comment

You must be Logged on to comment or reply to a post.

Leave a Reply