Skip to Content

SAPシステムにはメッセージサーバーが稼働するサーバーのハードウェアキーにひもづいたライセンスキーが必要です。

インスタンスが特定のサーバーでしか動かないセントラル構成などで問題になることはありませんが、

クラスタ環境やAdaptive Computing環境などインスタンスがサーバーをまたがって移動するような場合には

ハードウェアキーが変更されてしまうため複数のライセンスキーの取得・管理が必要となり手間です。

Flexible License Mechanismがこの課題を解決します。

Flexible License Mechanismは、ID Generatorというハードウェアキーを生成するサーバーを外部に持つことで

インスタンスがどのサーバー上で動作してもハードウェアキーを固定することができる仕組みです。

/wp-content/uploads/2012/08/ppt_img_132840.gif

導入の大まかな流れは以下となります。

  • ID Generator サーバー上にSAP Host Agentをインストール
  • 設定したいSAPシステムのプロファイル(CI/SCSを含むインスタンスプロファイル)にエントリー(slic/netid_servers)を追加
  • SAPシステムを再起動
  • ID Generatorから取得したハードウェアキーを認識していることを確認(dev_msファイルかsapcontrol -function GetNetworkIdコマンド)
  • ID Generatorから取得したハードウェアキーに対応したライセンスキーの取得・登録

ID Generatorの実態はSAP Host Agentです。

ユニークなキーはID Generatorのハードウェアキー、メッセージサーバーのネットワークパラメーターで決定されるようです。

SAPインスタンスの起動時にアクセスするだけで必要なリソース量はごくわずかですが

本稼働環境ではSPOFになるため複数台の設置を推奨します。

プロファイルパラメーターslic/netid_servers = Server1IのP:port Server2のIP2:port と複数接続先を設定できます。

To report this post you need to login first.

Be the first to leave a comment

You must be Logged on to comment or reply to a post.

Leave a Reply