Skip to Content

Business Suite 7、及びERP6.0のメインストリーム保守期限2020年末までの延長と、新たなBusiness Suite 7の方向性を2011年末に発表しました。それに伴い、今までのEnhancement Package(エンハンスメントパッケージ)による出荷方式に加えて、新たに4つの、計5タイプの出荷方式を採用する事を発表しています。この5つの出荷方式の特徴、目的と、今までのEnhancement Package方式の位置付けはどう変わるのかについてここでは紹介します。

-一言で言ってEnhancement Package方式が、今後も出荷方式の中心である事は変わりません使用する機能だけを選択方式(スイッチフレームワーク)で使え、既存システムに影響を与えない、実証された有効な出荷方式であるためです。

では、5つの出荷方式の特徴と目的について見て行きます:

2012-05-30 6-32-47.png

①Note、②SP

          まず1つ目は、NoteとSP(サポートパッケージ)という出荷方式です。EhPのサイクルが1年半程度に1回なのに対し、新興国の法改正用Note、SP、HCMの法対応SPなどはもっと頻繁な出荷方式が要求されます。 また、ユーザーグループからのCustomer Connection (http://www.jsug.org/influence/) により要望が多かった機能追加は、EhPよりもっと早い頻繁な機能提供を求められています。 これらの開発後即時(Note)、四半期に1度(SP)の機能追加は、今後EhP以外にこの方法での機能提供もあります。また、EhPで実証された機能選択方式(スイッチフレームワーク方式)がSPでの機能提供に活用され、SPを当てると全ての機能が適用されるのではなく、必要な機能をSPの中から選択する方式になります。

③In Advance Shipment(IAS)

          EhPの1年半程度に1度の出荷サイクルに先んじて、大きな固まりの機能(①②のNote、SPは比較的小規模な機能追加)を出荷する際に適用されます。特徴としては4半期毎の出荷サイクルで何らかの機能が出荷されますが、1年半毎に出る次のEhPに統合されるという点が特徴です。例としては、中国の法対応パッケージ、マスターデータガバナンスの機能、プロセス業界のレシピ管理の大幅機能改善、SRMのショッピングカート機能をERP上で使うパッケージなどが今のところ候補になっていますが、正式にはリリース情報をお待ち下さい。

④Enhancemet Package(EhP)

①~③の様な、EhPの約1年半の出荷サイクルの間に、多頻度で出される機能は、全て次に出るEhPに統合されます。また、新たな機能のEhPによる提供という方式は継続して行きます。従って、EhPが機能提供の中心である事は今後も変わりません。また①~④は全てBS7の2020年末までのメインストリーム保守期間に準じた保守方針です。

⑤Side by Side

           BS7, ERPのBAPI、Enterprise Serviceなど、標準のインターフェースを使って、BS7、ERP6.0に外付けされる機能提供方式で、既にHANAアクセラレータでこの出荷方式が取られているので、言葉を聞かれた方も多いと思います。この方式による機能の提供は、不定期で決まったルールは無く、また2020年末のメインストリーム保守とは別の保守期間となります。

詳しい資料についてはJSUGホームページのこちらと、パートナーポータルで公開しています。

JSUGページ http://www.jsug.org/news/2012/03/000523.html

パートナーポータル https://websmp107.sap-ag.de/partnerportal/japan        の「提案資料ライブラリ」→「Upgrade」→「Business Suite 7 新出荷方式」

SAP Global Upgrade Office 木下史朗

To report this post you need to login first.

Be the first to leave a comment

You must be Logged on to comment or reply to a post.

Leave a Reply