Skip to Content

IPv6関連のSAP情報は以下を参照します。

SAP Help Portal – IPv6 Support in SAP NetWeaver

SAP Note 1346768 – Activating IP Version 6 (IPv6) on AS ABAP

SAP Note 1266733 – IPv6 support in Java Startup Framework

前提条件を満たしているか確認してください。

・ABAPスタックの場合

     SAP Kernel 7.10 パッチレベル 150以上

     SAP Kernel 7.11、7.20

・Javaスタックの場合 *SAP Kernel 7.20については記載がありません

     SAP Kernel 7.10 Patch 129以上

     SAP Kernel 7.11 Patch 18以上

・OSおよびDNSやルーターなどネットワークシステムがIPv6を扱えること

ABAPスタックはOS環境変数に(SAPプロファイルではないです)

SAP_IPv6_ACTIVE = 1

を設定するだけでIPv6アドレスでlistenできるようになります。

IPv6_01.jpg

SAPインスタンスが動くサーバーすべてに設定し、SAPシステムを再起動します。

この環境変数の値が0か、設定していない場合はIPv4での通信になります。

注)Kernel 7.10、7.11はOS環境変数 NI_USEIPv6 = 任意の値 として設定

Javaスタックはこれに加えてJVMのプロパティで

java.net.preferIPv6Addresses = true

と設定することでIPv6アドレスでlistenできるようになります。

SAP GUI 720が稼働するクライアントがIPv6環境の場合、

SAPシステム同様にOS環境変数 SAP_IPv6_ACTIVE = 1 を設定する必要があります。

ただし、Gateway(RFC)を経由する通信は以下の留意事項があるようです。

・IPv4->IPv6の場合、IPv6側はIPv4アドレスも設定が必要

・IPv6=>IPv4はサポートされていない

当然、IPv4とIPv6は直接通信することはできません。

IPv4/IPv6間の通信には一般的にトンネリングやトランスレータなどがありますが、

ここではSAPエンジニアらしくSAP Routerを使ってみたいと思います。

SAP Help Portal – Option -6 (enable IPv6)

に従い、SAP Router バージョン38以上であれば-6オプションをつけて起動するだけで

IPv4とIPv6両方のアドレスを使えるようになります。

起動例:

C:\usr\sap\saprouter\saprouter.exe -r -R C:\user\sap\saprouter\saprouttab -V3 -E -6

例えば、

・クライアント(SAP GUI 720)はIPv6アドレス

・SAP RouterはIPv4、IPv6アドレス両方

・SAPシステムはIPv4アドレス

のときのSAP GUIからSAPシステムへの接続は以下のようになります。

IPv6_03.png

saprouttabの設定例:

#
# saprouttab
#
# P     <source>           <dest>               <port>
P       IPv6アドレス      IPv4アドレス      *

SAP GUIの設定例:

IPv6_02.jpg

アプリケーションサーバ欄はSAPシステムのIPv4アドレス(e.g. 192.168.1.100)

SAProuter ストリング欄に /H/<SAProuterのIPv6アドレス>/S/3299/H/

これでIPv6環境のクライアントからSAP RouterによるIPv6/IPv4変換を経て

見事IPv4環境のSAPシステムへの接続が可能となりました!

同様にIPv4 => SAP Router => IPv6、IPv6 => SAP Router =>IPv6、

IPv6 => IPv6なども問題なく接続・ログインできることを確認済みです。

To report this post you need to login first.

Be the first to leave a comment

You must be Logged on to comment or reply to a post.

Leave a Reply