Skip to Content

小職は、ジャパンSAPユーザーグループ(JSUG)テクニカル部会において

オピニオンリーダーを務めさせていただいております。

テクニカル部会では、SAP技術者、特にBASISと呼ばれる運用管理の実務者を中心に、

パフォーマンス、ユニコード化対応、最近では仮想化・災害対策などの現場課題の議論、

インメモリーデータベースSAP HANAなどのSAP最新技術情報のキャッチアップ・共有や

イベント・セミナーの開催など日頃より活発な活動を行っております。

今日はそのテクニカル部会主催によるWebiner(インターネットを活用したセミナー)をご報告します。

当方も企画から関わりました、2012年5月22日~24日の3日間に渡って開催した

SAP Virtualization and Cloud Webiner for JSUG 初日セッション

Virtualization and Cloud Management Program – Run IT Better」のフィードバックです。

初日ということでSAPのクラウド戦略や概念など全体像についてでした。
講師はPalo AltoからSAP LabsのVenkataさんです。以下サマリーとなります。

・仮想化、プライベートクラウド、パブリッククラウド、ハイブリッドクラウドの用語の意味を再確認

・SAPのクラウド戦略は層ごとにそれぞれ以下となる
  – SaaSはBusiness ByDesignやSuccessFactorsのサービスを提供
  – PaaSは先日のSAPPHIREで発表のあったNetWeaver Cloud(旧称Neo)を提供
  – IaaSはSAPは提供しない。IBM、hpなどのベンダーサービスを利用
  – VMware、Hyper-Vなどの仮想化層をSAPはサポートしている
  – オンプレミスのインフラはパートナーからの提供

/wp-content/uploads/2012/05/webiner_01_104996.jpg

・オンプレミスのカスタマーは、 物理⇒仮想化⇒プライベートクラウド、パブリッククラウドのステップで、

  そしてそれらをEnd to Endでつなぐハイブリッドクラウドへと移行。
  クラウド化することでクローンやシステムコピー、E2E監視などのSAPが提供するツールの恩恵が受けられる

・SAP NetWeaver Landscape Virtualization Management(SAP LVM)の概要説明
  マスオペレーション。本番のサンドボックスを作るクローン、End to Endのシステムコピーやシステムリフレッシュ。

  監視、ダッシュボード、レポーティングの機能などがある。詳細は翌日のセッションで説明。デモも実演
・プロジェクトTitaniumの概要説明

  外部のクラウド上にSAPが提供するソリューションライブラリからSAPアプリケーションを展開。

  詳細は翌々日のセッションで、デモも

/wp-content/uploads/2012/05/webiner_02_104997.jpg

・オンプレミスのSAP LVMとパブリックのTitaniumをつなぐシステム全体像。

  前者は本番/検証、後者はデモ/サンドボックスなどと用途で使い分ける

To report this post you need to login first.

Be the first to leave a comment

You must be Logged on to comment or reply to a post.

Leave a Reply