Skip to Content

先に述べた、ソリューションブラウザー、EhP機能無料診断サービスで、ユーザー要件が出ている機能があった。さて非常に興味深いので、誰か最もいいアドバイザから情報を得たい。実はEHP機能の開発者、設計者、専門家などのエキスパートを独占して講義・QAセッションを受けられるサービスがあります。

Enterprise Support契約のお客様に、年5日まで無料のサービスAIE(Accelerated Innovation Enablement)があります。

-ERP6.0のEhP1~6の、会計、購買、販売、生産、人事、設備保全、どの分野でもご関心のキーワードがあれば是非お知らせ下さい

各機能のエキスパートが直接リモートで、お客様別のセッションをさせて頂きます。(英語)

サービスマーケットプレース http://service.sap.com/AIE/ (S-ID必要です)のメニューで選ぶもよし、

「EHP5のTravel Management」とキーワードをお知らせ頂くのもよし、是非一度受けてみたいというお客様ご一報下さい。

このサービスの特徴は、そのテーマに最も熟知したエキスパートが、直接お客様別にセッションを持たせて頂くという点です。

長らく、お客様毎担当のコンサルタントが張り付いてサービスするという形式が多かったのが、最近は序序に、その時のテーマに応じて各分野のエキスパートのサービスを受けるという効率の良さが認められつつあります。 CoE形式(Center of Excellence形式)と言って、分野毎に一番スキルが蓄積された技術者が、世界の色々な地域から直接支援させて頂く形ですが、一番詳しいエキスパートの強みを存分に吸収頂く事が出来、安全性・効率の面で優れている点が特徴です。そのエキスパートは、テーマ毎に同じ事を他の何十社というお客様でサービスするのですから、失敗値・経験値含めて信頼に足るノウハウを提供出来ると言えます。

但し前提事項としては、お客様の状況をエキスパートは必ずしも分かってないので、Solution Manager上にてビジネスプロセスを正確に反映しておいて頂くという事があります。 但しまずは、お気軽にご相談下さい。

SAPグローバルアップグレードオフィス 木下史朗 Shiroh.kinoshita@sap.com

To report this post you need to login first.

Be the first to leave a comment

You must be Logged on to comment or reply to a post.

Leave a Reply