Skip to Content

お知らせ:

永らく、R/3とERP6.0等の機能差分確認ツールとしてお馴染み頂きましたSolution Browserですが、5月末でサービスを終了し、より機能拡張したツールとして、EHP等のBusiness Suite 7の新機能を探せるInnovation Discoveryツールを後継として3月よりリリースする予定です。Innovation Discoveryについては、こちらのブログをご覧ください⇒ EhP情報ソース19 Business Suite7の新機能発見ツール Innovation Discoveryページ

**********************************************************************************************************************************************************************************

リリース間の機能の差分はどうやったら分かるんでしょう?という質問を非常によく頂きます。

ソリューションブラウザーという、例えばR/3 4.6CERP6.0ERP6.0ERP6.0 EhP4など、リリース間、エンハンスメントパッケージ間の機能差分情報を便利に見て頂けるツールがあります。

下記のサイトで、第一画面で言語を選び、次にERP, SCM, CRM, SRM, Solution Managerなどのソリューションと、そのリリース(From側とTo側両方)、業務エリア(ERPなら会計、人事、購買、販売、生産など)などを選んで検索できます。

http://www.sapsolutionbrowser.com/

是非お役立て下さい。

なおERPのEHPについては2012年11月現在、EHP1~4が日本語で、EHP5,6が英語のままです。

また、このソリューションブラウザーの機能記述単位は、EHPを有効化するBusiness Functionの単位よりもう1段細かいFeatureという単位(1Business Function あたり数個のFeature)です。

SAP Global Upgrade Office 木下史朗 shiroh.kinoshita@sap.com

To report this post you need to login first.

Be the first to leave a comment

You must be Logged on to comment or reply to a post.

Leave a Reply